活動状況‎ > ‎

2020年4月22日「えん罪事件の速やかな救済とえん罪原因の検証システムの確立を求める声明 ――支援した2つの事件の無罪判決確定を受けて―― 」

えん罪事件の速やかな救済とえん罪原因の検証システムの確立を求める声明

――支援した2つの 事件の無罪判決確定を受けて――


えん罪救済センター (イノセンス・プロジェクト・ジャパン は 、 刑事事件のえん罪の被害者を支援し救済すること 、 そしてえん罪事件の再検証を通じて公正・公平な司法を実現することを目指して 2016 年に設立されました。

このたび、えん罪救済センター が 支援 し た 2 つの事件 について 無罪判決が確定しました。


大阪高裁 第 3 刑事部は 、 2020 年 1 月 28 日 、 女児 (事件当時 1 歳 11 か月) の頭部に暴行を加えて死亡させたとして起訴され 、 一 審 で 無罪判決を受けていた男性に対し、検察官の控訴を棄却し て 無罪を支持する判決を言い渡し ました。 検察側は上告せず、無罪判決が確定しました。 えん罪救済センター は 一 審段階から 本件を支援し、弁護団に加わりました 。

本件は、いま各地で無罪判決が相次いでいる 「 虐待による頭部外傷( Abusive Head Trauma 、 AHT 」が問題になった事件です。 えん罪救済センター は A HT やその一類型 である 揺さぶられっ こ 症候群( S BS について、諸外国で医学的観点から議論が行われていること にも 鑑み、本件に関わり弁護しました。本件の弁護活動は、その後、 別の えん罪救済組織である「 S BS 検証プロジェクト 」 の設立に もつながりました。 本件では、医学的証拠の背後にある理論の科学的根拠や証言のあり方が問題になりました。


2020 年 3 月 31 日に は 大津地裁 が いわゆる 湖東記念病院事件に ついて、再審公判で 無罪判決を言い渡しました。 検察官は控訴を断念し、無罪判決が確定しました。

えん罪救済センター は、 2018 年 1 月から 本件を支援してきました。

本件 では、 一人の女性が 15 年以上ものあいだ自由や尊厳を奪われました。それは、 警察の見込み捜査 、 供述弱者への配慮を欠いた不当な取調べによ る 虚偽の自白、自白に依存した 裁判所の 事実認定、 不十分な証拠開示(証拠隠し)、不適切な 科学 的証拠 など の 典型的といえる えん罪原因 によ るものでした 。 再審請求段階で証拠開示の制度がないこ とや検察官による再審開始決定への抗告が認められていることによ って 、 無罪判決までに 非常に 長い時間がかか り、司法による救済が遅延するという結果になってしまいました。


えん罪救済センターは、無罪判決 を 言い渡 す べき事件 が 迅速に救済 される システムが必要であること、そのための人的・制度的支援が不可欠であることを これまでも 求めてきました。我々が な によりも強調してきたことは 、謙虚に司法の過ちと向き合って、 えん罪事件 を真摯に 検証し、その 教訓を刑事司法制度や運用の改善につなげることの必要性です。 上記支援 2 事件についても、えん罪原因の公的調査が速やかに行われるべきです。

すべてのえん罪事件を多角的な視点から 見直して えん罪の原因を明らかにし、その原因を除去 するための制度改革を不断に 積み重ねることは 、司法関係者 だけでなく、全ての市民 の 責務です 。 私たち 一人ひとりがえん罪事件に学び、改革を実現していかなければなりません。

えん罪救済センターはこれからも、個別のえん罪事件の支援・弁護を通じてえん罪原因を明らかにし、過ちに学ぶことによって刑事司法の改革をすべく、活動を続けます。

 

2020年4月22日

えん罪救済センター

プレスリリース本文を含むファイルは こちら からダウンロードいただけます

Comments