活動状況

センターの活動状況

  • 2016年4月1日 えん罪救済センターを設立しました

  • 2016年4月 2日 シンポジウム「志布志事件をくり返すな−冤罪事件の教訓は生かされてきたのか」(@鹿児島市・県市町村自治会館)において、えん罪救済センターを紹介しました

  • 2016年4月8-9日 イノセンス・ネットワーク・カンファレンス2016の International Organizations Meeting(@テキサス州サン・アントニオ)でえん罪救済センターを紹介しました

  • 2016年4月26日 「えん罪救済センターNews」第一号を発行しました
    → ダウンロード(えん罪救済センターNews第一号.pdf

  • 2016年8月25日 「えん罪救済センターNews」第二号を発行しました
    → ダウンロード(えん罪救済センターNews第二号.pdf

  • 2016年12月9日 「えん罪救済センターNews」第三号を発行しました
    → ダウンロード(えん罪救済センターNews第三号.pdf

  • 2017年4月17日 「えん罪救済センターNews」第四号を発行しました
    → ダウンロード(えん罪救済センターNEWS第四号.pdf

  • 2017年7月10日 「えん罪救済センターNews」第五号を発行しました
    → ダウンロード(えん罪救済センターNEWS第五号.pdf


メディアでの紹介

  • 2016年 4月 3日付 京都新聞朝刊で取り上げていただきました

  • 2016年 4月 4日付 産経新聞朝刊で取り上げていただきました
   → 冤罪救え!「日本の司法、遅れている」

  • 2016年 4月 5日付 毎日新聞朝刊で取り上げていただきました

  • 2016年 4月 7日付 朝日新聞朝刊で取り上げていただきました

  • 2016年 4月25日付 日本経済新聞で取り上げていただきました
     → 「論点争点 メディアと人権・法」 再審事件の支援網構築 

  • 2016年 5月 9日付 西日本新聞朝刊で取り上げていただきました
         → 「論説委員の目」冤罪をなくすには 

  • 2016年 5月 12日付 読売新聞夕刊で取り上げていただきました
     → 冤罪晴らす専門家集団 立命館大に拠点30人活動

  • 2016年 5月 16日付 朝日新聞朝刊で取り上げていただきました
     → ”ひと”欄  「えん罪救済センター」をたちあげた立命館大教授として稲葉代表が紹介されました

  • 2016年 5月 16日付 西日本新聞朝刊で取り上げていただきました
     → ”ひと”欄  4月に開所した「えん罪救済センター」代表として稲葉代表が紹介されました

  • 2016年 5月 21日付 朝日新聞夕刊で取り上げていただきました
     → ”挑む!”欄  笹倉副代表が紹介されました

  • 2016年 6月 22日付 The Japan Timesで取り上げていただきました
     → Ritsumeikan professor spearheads local Innocence Project to clear wrongfully convicted

  • 2016年 8月 22日付 読売新聞朝刊で取り上げていただきました

    → 再審請求 期待と課題 (冤罪救済 新たな試み)

  • 2016年 9月 8日付 毎日新聞朝刊大阪で取り上げていただきました

  • 2016年 10月28日付 朝日新聞朝刊鹿児島県で取り上げていただきました
    → もう二度と 志布志事件の13年(4) 可視化「教訓生かされず」 冤罪再発を防ぐ対策 途上


センター始動の紹介


 2016年3月18日,20日にセンター始動イベントとしてシンポジウム「死刑えん罪とDNA鑑定」(@東京・TKC東京本社),「えん罪救済の新たな幕開け」(@大阪・立命館大)を行い,その様子が以下のメディアで紹介されました

      
  • 2016年3月20日 NHK,関西テレビのニュースで取り上げていただきました
  • 2016年3月25日 弁護士ドットコム NEWSで取り上げていただきました
  • 2016年3月26日 下野新聞で取り上げていただきました
  • 2016年3月31日 東京新聞夕刊で取り上げていただきました
  • 2016年4月  1日 愛媛新聞朝刊で取り上げていただきました
  • 2016年4月  1日 週刊間金曜日(2016.4.1,1082号)で取り上げていただきました